金剛筋シャツを持っている方は、普段どのように洗濯をしているのでしょうか?

日常使うコットンTシャツならば、洗濯機に放り込んで洗ってしまっても良いのですが、金剛筋シャツのような加圧Tシャツは洗い方、干し方にも注意が必要です。

ここでは、金剛筋シャツを長持ちさせるための効果的な洗い方や干し方をご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね!

金剛筋シャツの洗濯方法は?

まず、洗濯の方法について見ていきましょう。

一人暮らしの男性ならばともかく、普段から洗濯は母親や奥さんがやってくれるという方は洗濯の方法についてあまり考えることはないかもしれませんね。

しかし、生地や素材によって洗濯機の使い方も大分変わってきます。

金剛筋シャツは洗濯機の使用も出来ますが、一番良い方法はやはり手洗いでしょう。

手洗いで洗う時には

金剛筋シャツを洗う時には、ぬるま湯を使用しましょう。

熱いお湯を使うと、生地を傷めてしまうことになります。

洗面器や桶にぬるま湯を張って、洗剤を溶かしたら軽く押し洗いをしていきます。

その時に強くゴシゴシと洗うのは、やはり生地を傷めてしまうのでやめましょう。

洗い終わったら、綺麗なぬるま湯を張って押し洗いをして洗剤を落とします。

これを数回繰り返して洗剤が落ちたら、最後はお湯を流して空の桶でシャツを軽く押さえて水気を抜きます。

もちろん、それだけでは十分な脱水が出来ないので、清潔なバスタオルなどに挟んで残った水気を吸い取るようにしましょう。

洗濯機で洗う時には

時間が無くて中々手洗いが出来ないという方は、洗濯機を使用しても良いでしょう。

しかし、伸縮性の高い金剛筋シャツは、他の洗濯物と絡んで伸びてしまうことも考えられます。

そのため、洗濯機を使用するのなら必ず洗濯ネットに入れるようにしてください。

ネットに入れたら、手洗いモードやソフトモードでやさしく洗濯するようにしましょう。

脱水の時間は短めにして、時間が許すのならば脱水はせずに手洗いの時と同じようにバスタオルを使用した方が良いですね。

ベストな干し方は?

手洗いでも、洗濯機の使用でも、干す時には同じく陰干しにします。

型崩れをしないようにハンガーにかけて干すようにしましょう。

早く乾かすためには外で干したいところですが、長く紫外線に当てると生地が劣化してしまいます。

もしも外で干すのならば、早めに取り込むことを忘れないでくださいね。

特に夏場は紫外線が強すぎるので、日光に当てない方が良いでしょう。

その他に注意点は?

金剛筋シャツを洗濯する時には、他にも注意することがあります。

まず、漂白剤は刺激が強く生地を傷めてしまう可能性があるので、使用しないようにしましょう。

また、アイロンも同じ理由で使用を控えた方が良いですね。

ただし、どうしても着たい時に乾いていないという時は、出来るだけ低温でアイロンをかけるようにしましょう。

そして、生地を傷めたくないからという理由で、洗濯回数を控えるのはやめましょう。

直接肌に触れるものですから洗わないのは衛生的に良くありませんし、白いシャツは特に汗染みが出来てしまいます。

毎日必ず着た後には洗濯するようにしてくださいね。

>>金剛筋シャツを長く使い続けるための脱ぎ方のコツとは?

まとめ

今回は、金剛筋シャツの洗濯方法についてご紹介しました。

こうした加圧Tシャツは、毎日着るものでありながらお手入れに少々時間がかかってしまいます。

しかし、安価なものではないので出来るだけ長く効果的に着用出来ると良いですよね。

洗い忘れや、アイロンの使用を避けるためにも、少し多めに洗い替えを購入しておくと安心ですよ。

>>金剛筋シャツの公式サイトはコチラ