着ているだけでまるで加圧トレーニングをしているかのように圧力をかけ、理想のボディラインに近づける金剛筋シャツ。

メタボで緩んだお腹を気にする方や、ジムに通って鍛えたいけど中々時間を作れないという方など、購入を検討されている方も多いかと思います。

でも加圧シャツって締め付けが強そうだからどうサイズを選べばいいのかわからない!

きつくて着られなかったらどうしよう・・・。

それで購入を迷われている方もいらっしゃいますよね。

今回は、金剛筋シャツを購入する際のサイズは、どう選ぶべきなのかを調べてみました!

自分にぴったりサイズの金剛筋シャツを手に入れて、憧れの細マッチョになっちゃいましょう!

金剛筋シャツのサイズ展開は?

まずは、金剛筋シャツのサイズ展開をご紹介します。

金剛筋シャツのサイズはMサイズとLサイズの2種類です。

Mサイズは、身長162cm~175cm、胸囲84cm~96cmの方向けです。

Lサイズは、身長172cm~185cm、胸囲94cm~106cmの方向けです。

この目安を参考に普段から着ているサイズを選べばいいようです。

でも実際は、上記のサイズに自分のサイズが当てはまらない、自分の胸囲がわからないという方もいらっしゃいますよね?

金剛筋シャツの公式サイトでは、身長・体重別のサイズ早見表が用意されていました。

このサイズ早見表でご自分の身長と体重をチェックして購入するのがよさそうです。

金剛筋シャツのサイズ選びに迷ったら?

金剛筋シャツのサイズを選ぶ基本は、サイズ早見表を目安に、普段着ている洋服のサイズを選ぶのがよいとのことですが、どうしても迷ってしまうこともありますよね。

その場合は小さいサイズを選ぶべきか、大きめを選ぶべきかどうしたらいいのでしょうか?

せっかくの加圧効果を考えると小さい方が締め付けられていいのでは?と思いがちですが、無理は禁物です。

いつもの服より明らかに小さいサイズを選んでしまうと、着用できない可能性があります。

金剛筋シャツは伸縮性の高い高級ポリウレタンのスパンデックスという素材を使っているので、ものすごく伸びて体にフィットします。

しかし、だからといって無理して小さいサイズを選ぶのは危険です。

どちらかといえばLサイズだけど、普段からMサイズを着ているという方はMサイズの方がいいかもしれませんが、普段からMサイズだときついという方は無理せずLサイズを選びましょう。

>>金剛筋シャツの効果的な使用方法を徹底調査

自分にぴったりの金剛筋シャツで理想の体を目指そう!

いかがでしたか?

今回は、金剛筋シャツのサイズ選びについて調べてみました。

その結果は、

・無理せず普段から着ているサイズを選ぶ!

・迷ったら目安のサイズ早見表を参考にする!

ということでした。

この結果を参考に、自分に合ったサイズの金剛筋シャツを選びましょう!

そしてさっそく金剛筋シャツを着て細マッチョな理想の体を目指しましょう!

>>金剛筋シャツの公式サイトはコチラ