日頃から腹筋や有酸素運動を行ってトレーニングに励んでいるという方は多いのではないでしょうか。

腹筋はもちろんですが、軽くジョギングを毎日するだけでも体は変わってきます。

どちらも行っている人の中でも、順番までしっかりと考えて決めている人は少ないのではないでしょうか。

実は順番を意識するだけでも、トレーニング効果が変わるのです。

順番を変えるだけで効果が上がるのは嬉しいですよね!

そこで、今回は腹筋と有酸素運動の順番はどちらが良いのか、ご紹介していきます。

カロリー消費目的なら先に腹筋を行う

脂肪を燃焼させたいと考えているのであれば、先に腹筋を行ってから有酸素運動をするのが効果的といわれています。

なぜなら、腹筋を行うことで体が温まり、基礎代謝も高まります。

そして、基礎代謝が高まることで脂肪が燃焼されやすくなるのです。

脂肪が燃焼されやすくなった状態で有酸素運動を行うと、よりカロリーも消費されるので、効率的になるんです。

>>金剛筋シャツを着用して筋トレするとどんな効果が期待できる?

有酸素運動を先にした場合

では、有酸素運動を先にしてはいけないのでしょうか。

有酸素運動には沢山の種類がありますが、なかでもウォーキングなど軽めの有酸素運動であれば先に行っても大丈夫です。

しかし、腹筋を行う前に激しい有酸素運動を行うと、筋肉への刺激が強くなってしまうこともあります。

なので、激し有酸素運動を行うのであれば、先に腹筋を行うよう心掛けた方がよいでしょう。

有酸素運動だけではダイエットできない

では、始めに腹筋をしてから有酸素運動を行う方法をオススメしましたが、有酸素運動だけではいけないのでしょうか。

結論からいうと、有酸素運動だけではカロリーを消費することはできません。

有酸素運動の具体的な例としては、マラソンがあります。

普段から近場の公園を走っているという方もいるかもしれませんね。

毎日公園を走っている方でも、実は走る時間が20分以下であれば燃焼されているのは糖脂肪なので、脂肪のみが消費されているわけではないのです。

脂肪のみが燃焼されるようになるのは、有酸素運動を行って20分程時間が経ってからといわれているので、つまり20分以上有酸素運動を行わないとダイエットにはならないのです。

しかし、先程ご紹介したように、先に腹筋を行ってから有酸素運動を行うのであれば、先に筋トレで糖を分解してくれます。

その結果、有酸素運動では脂肪だけを燃焼できるようになるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

腹筋を普段行っていても、有酸素運動などとの順番までは考えたことがなかったという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

たかが順番と考えている方、今一度自分が行っているトレーニングの流れを振り返ってみてください。

少し意識することですが、長い目でみても効果が大きく変わるかもしれません。

今回ご紹介した順番を参考にしながら、日々のトレーニングに生かしてみてくださいね!