筋肉をつけるための加圧シャツで人気の金剛筋シリーズから、飲むトレーニングサプリが発売されています。

その名も金剛筋HMB。筋トレをしている人なら聞いた事はあるかもしれません。

金剛筋HMBには、筋肉強化に効果が高いとされている成分HMBがふんだんに含まれているんですよ。

金剛筋HMBは加圧シャツと違い口に入れるものなので、正しい飲み方を知っておきたいですよね。

そこで今回は、金剛筋HMBの飲み方を詳しくお伝えしたいと思います。

金剛筋HMBの飲み方

金剛筋HMBは、他のサプリメントと同様、水かぬるま湯で飲みます。

たまにコーヒーやお茶で飲む方もいますが、これはあまりおすすめできません。

コーヒーやお茶にはカフェインが含まれており、サプリに含まれる成分を体内に吸収するのを妨げてしまう事があります。

また一番勿体ない飲み方、それはまとめて飲む事です。

金剛筋HMBは9粒を推奨摂取量としていますが、それをまとめて飲む事は効果が出にくなるのでやめましょう。

HMBは一日の推奨摂取量が2gとなっており、金剛筋HMB9粒でその2gを摂る事が出来ます。

9粒を一日3回~4回に分けて飲むと良いでしょう。

金剛筋HMBを飲むタイミング

通常のサプリと違い、金剛筋HMBには飲むのに適したタイミングというものが存在します。

それは筋肉に対するアプローチを高めるためでもあります。

飲むのにおすすめのタイミング一つ目、それはトレーニング前です。

HMBは、摂取後早くに体内に吸収されます。

トレーニング時のパフォーマンスを高めるだけではなく、筋力を更に高めるための手助けをしてくれますよ。

二つ目は、トレーニング後です。

トレーニング後30~15分がゴールデンタイムと言われていますので、その時間に飲む事がポイントですよ。

筋トレ後は、筋肉が疲労し破壊されています。

この疲労と破壊を治そうとしながら、筋肉は強くなり育っていきます。

そこでHMBを摂取すると、この筋組織の回復を早めてくれるため筋肥大がより早く進むというわけですね。

三つ目は、トレーニング中です。

これはトレーニングにかかる時間によって違いますが、長い時間をかけた筋トレや有酸素運動の時などはおすすめです。

金剛筋HMBは持久力や瞬発力もたかめてくれるので、長い時間トレーニングをする時は間に2粒程度飲むと良いですよ。

運動しない日は?

上記の飲むタイミングは、あくまでもトレーニングをする時の飲み方です。

運動しない日は通常のサプリと同じように、朝、昼、晩の食事の後に飲みましょう。

運動していない時でも金剛筋HMBを飲む事で、体内で筋肉を作るベースが出来疲労の回復も促進されます。

さらに効果を高めたいなら金剛筋シャツも着るのはおすすめですよ。

まとめ

金剛筋HMBただ飲むだけではなく、効果的な時間帯に摂取する事でより筋肉が太く強くなっていきます。

また、飲む時のに適したタイミングはトレーニングの前後です。

バランスの良い食事とトレーニングと供に金剛筋HMBを飲んで、鍛えあげられた肉体を手に入れましょう。

>>金剛筋HMBの公式サイトはこちらから