ぽっこりお腹は猫背と関係している?
男性は結婚すると、ぽっこりお腹になるらしいとどこかで見かけました。真偽はともかく、ぽっこりお腹で悩んでいる人は多そうです。

その原因についてなのですが、やはり食べすぎるからでしょうか?でもぽっこりお腹になる前より食べる量は減っているので、他に原因があるのでしょうか。

だとすると、姿勢でしょうか?猫背はよくないと聞きますし、ひょっとして猫背?そういえば姿勢の正しい人にぽっこりは少ない気がします。

今回はぽっこりお腹と、猫背の関係について調べてみました。

猫背はぽっこりの危険信号でもある!

猫背だけどまだお腹は出ていないし、自分には関係のない話だなあ。なんて、気楽に構えていませんか?

調べていたら、ぽっこりお腹予備軍でも猫背になる確率が高いとありました。他人事じゃないんですよ!

もちろん、ぽっこりお腹の人はだいたい猫背だともありました。ぽっこりと猫背はセットなんですね。

自分自身以前より猫背になったと感じていたので、危機感を持って調べてみました。

主に原因となるのは、この2つ!

内臓下垂

腹筋周りの筋肉が弱まり、内臓が正しい位置より下がってしまうと、ぽっこりお腹の原因になります。

これは腹筋の衰えが原因だったりしますので、最近猫背になったという場合には注意が必要です。

内臓脂肪

内臓に余分な脂肪がついてしまう。この脂肪を内臓脂肪と呼びますが、これのせいでお腹がぽっこりしてしまうこともあります。

脂肪のついた内臓を支えるために、猫背になったりもします。また内臓脂肪が増えると、様々な病気につながる恐れもあります。

>>内臓脂肪を減らす食事のコツ!オススメ食材TOP3!

ぽっこりお腹を解消するための3つの運動

インナーマッスルを鍛える

主に腹部のインナーマッスルを鍛えることが、内臓下垂型のぽっこりを解消することにつながります。

また腰周りの筋肉を鍛えることで、骨盤が傾き下腹が出ることを防いでくれます。ですから腹、腰辺りのインナーマッスルを鍛えてください。

背筋を鍛える

背筋を鍛えないと、猫背になりお腹周りの筋肉がほとんど使われなくなります。そうすると内臓脂肪型のぽっこりにつながるんです。

ですから姿勢をよくするために、背筋を鍛えましょう。背中を伸ばすと気持ちいいですよ。

有酸素運動

脂肪を燃焼させるには有酸素運動ですが、内臓脂肪を燃焼させる場合にも有酸素運動がおススメです。

有酸素運動というのは、息が切れない程度の運動を指します。ウォーキングやジョギングが簡単でおススメですよ。

腰が悪い場合は、プールウォーキングをするのが、負担も少ないのでいいかと思います。恥ずかしい場合、ゆっくりウォーキングを行うのがいいでしょう。

有酸素運動をする場合、インナーマッスルなど筋肉を鍛えた後に行うと効率が上がりますよ。

中でもおススメなのが、体幹トレーニング後の有酸素運動です。大きな筋肉を鍛えたあとは、より効率が上がるのでおススメなんです。