ダイエットしているのになかなか痩せない。

たくさん食べていないのになぜか太ってしまう。

このような悩みを持つ方も多いですよね。

今回は太る食べ物と痩せる食べ物について調べてみました。

ご自分の食生活を見直して、理想の体を目指しましょう!

ダイエット中は控えるべき、太る食べ物とは?

まずは、ダイエットの天敵、太る食べ物をご紹介します!

太る食べ物の代表と言えば、炭水化物である白米やパン、うどんなどの主食です。

炭水化物には、脂肪を体に蓄える働きがあるので、ダイエット中は量を減らすべきですね。

活動するために必要なエネルギーでもあるので、全く摂らないのは危険ですが、たくさん食べていると非常に太りやすい成分なので気を付けましょう。

次に、タンパク質であるお肉です。

タンパク質は筋肉を作る役割もあるので、ダイエット中でも摂るべき食材ですが、食べ過ぎは禁物です!

また、甘いケーキやドーナツなどに含まれる糖質も太る食材です。

糖尿病やメタボの原因にもなるので控えめにしましょう。

さらに、ベーコンやチョコレートに、バターなどに含まれている脂質も太る食材です。

脂質は太るだけではなく、肥満や動脈硬化を招く原因にもなりかねないので過剰に摂取しないように気を付けましょう。

>>糖質制限でイライラ!理由と対処法は?

食べて痩せる!?痩せる食べ物とは?

続いて、ダイエット中の強い味方、痩せる食材をご紹介しましょう!

まずは食べて痩せる定番と言えば野菜ですね!

野菜の中でも特に食物繊維が多く含まれるブロッコリーやセロリは痩せやすい食材です。

食物繊維を摂ると腸の働きが活発になるため、便秘が解消されます。

さらに、便秘が解消されると体もむくみにくくなるので、余計な水分を溜め込まず痩せやすくなるのです。

次に、豆腐などの大豆製品も痩せる食材としてダイエット中の方にはおすすめです。

大豆製品に含まれる大豆タンパク質は、脂肪燃焼効果や代謝アップの効果が期待できます。

そして太りやすい食材でお肉をご紹介しましたが、お肉にも種類があるので、その中でも赤身のお肉には脂質が少なく、脂肪燃焼効果が高いL―カルニチンやビタミンB群が含まれています。

また、お肉でしたら脂質がすくなくタンパク質が豊富な鶏のささみはダイエット中におすすめの食材です。

太る食べ物に気を付けて、痩せる食べ物を味方につけよう!

いかがでしたか?

今回は太る食べ物と痩せる食べ物についてご紹介しました。

普段から太る食べ物は、これ食べたら太るかな・・・というイメージを持っている食べ物ばかりだったと思います。

太るからと全く食べないのは健康を害してしまうのでよくありませんが、食べ過ぎないように注意しましょう。

そして、ダイエットして痩せたい!という時には、痩せる食べ物の野菜や豆腐、脂質の少ないお肉などを積極的に食べるといいでしょう。

さっそく食生活を見直してみてはいかがでしょうか?